Permalink to single post

オキシポロンの女性ホルモンの増加による影響

オキシポロンは、女性ホルモンに転換されるはずのないジヒドロテストステロンの誘導体のアナボリックステロイドですが、なぜか女性化作用の特有の副作用を引き起こすことで知られています。女性化作用の副作用は主に、体内に水分の蓄積、脂肪量の増加、女性化乳房などの症状があります。しかし、この女性化作用を防ぐ手立てはありません。ジヒドロテストステロンは、基本的には女性ホルモンに転換されないため、女性ホルモンに転換を防ぐ治療薬は効果をもちません。なぜ、オキシポロンが女性化作用を引き起こすのか原因は分かっていませんが、おそらく女性ホルモンであるエストロゲンに直接作用するのか、オキシポロンの代謝産物がエストロゲンを増加させてしまう可能性があるようです。ですから、女性化作用の副作用を予防・症状をなるべく出さないために、用量・サイクル期間を制限して取り組むことをおすすめします。1日の用量は50㎎から100㎎に抑えるべきでしょう。150㎎以上の摂取はおすすめできません。また、サイクルの期間は4週間から6週間をめどにプランを立てるようにしてください。これ以上のサイクルは、筋肉増強の大幅な効果をもたらすことは可能ですが、女性化作用のリスクは高くなりますので注意してください。

Permalink to single post

アナボリックステロイドの始まり

アナボリックステロイドで筋肉増強効果を高めていきたいのであれば、ステロイドの知識を高めることが重要です。
適切な知識を持っていなければ、アナボリックステロイドの本来の効果を手にれることができませんし、副作用の予防処置を知らなければ、健康被害も及んでしまう可能性があるからです。米国は、ステロイドの法律が他の国と比べて非常に厳格であることから、米国にいるとされる600万人のステロイドユーザーは法律に準じて使用しています。しかしながら、アナボリックステロイドの法律に違反して告発されたり逮捕されたりすることは、しばしばあります。

米国は、アナボリックステロイドに対し厳しい法律の下使用を許可していますが、日本ではアナボリックステロイドの使用は基本個人の使用の元では、合法となっています。ただし、薬局や病院で処方されないためインターネットを通じて海外輸入代行などで手に入れることができます。今後、東京オリンピックもあることから、日本でも国際基準にのっとった規則でステロイドの一般販売などの規制が出る可能性もあります。ですので、一般で手に入れるのは、もしかしたらあと少しの期間だけかもしれません。アナボリックステロイドで、早く筋肉付けてみたいと思っている方は、今のうちに購入することおすすめします。

ただし、何度も言いますが副作用のリスクはあります。国内ではまだステロイドの情報に関しては少ないですが、ネットで検索すれば副作用を予防できる情報はありますので、そういった情報をもとにアナボリックステロイドを使用してください。
アナボリックステロイド 効果